男性の横顔

躁鬱を治療する方法~ココロ病の救急医療隊~

人格の変化が激しい病気

男性

症状の勘違い

鬱病の症状を抱えている人は多いですが、その中でも躁鬱病を発症する人もいます。躁鬱病は鬱病と似ているような症状に見えて、明らかに違う大きな特徴があります。それは、鬱の状態と明るい状態を繰り返すことです。このような症状は日本人には少ないですが、20〜30代の比較的若い世代に見られます。躁鬱病は別名が双極性障害とも言われ、鬱病が社会問題となってきた状況でこの病気も徐々に知られるようになってきました。躁鬱病の原因は鬱病のようなストレスの他に、発症しやすい性質や育ってきた環境などが関係していると見られています。症状の特徴が鬱と明るい気分の状態を繰り返すことから、その激しい波に精神的に疲れてしまうようになります。こういう症状は鬱病と同様に病院にて治療をしていくことができるので、心に余裕を持ちながら治療と上手く付き合っていくことが大切です。しかし、躁鬱病には鬱病と違って気を付けなければいけないことがあります。それは、気分の沈んだ鬱状態から気分が明るくなったときに、症状が治ったと勘違いしてしまうことです。結局このような状態を繰り返すため、異常を感じてしまう人がほとんどですが、気分が明るくなったことを信じて気づかない人も多いです。鬱病は鬱状態が長く続く訳ですが、治療で改善できた場合は時間をかけながら徐々に落ち着いてくるようになります。けれども、躁鬱病の場合は一気にハイテンションな気分になってしまうため、周りからは二重人格に見えてしまうのです。鬱状態から急に気分が明るくなることは、ほとんどの場合そういうことは見られません。しかもそれを繰り返すようなら、躁鬱病を疑った方が正解です。また、躁鬱病は症状の重い場合と軽い場合に分かれるため、軽い場合にいたってはさらに注意が必要です。

味方となってくれる存在

躁鬱病になってしまった場合は、早めに病院で治療をしていくことで症状を抑えていくことができます。躁鬱病の主な治療は薬によるもので、これで脳の神経伝達物質を上手くコントロールしていきます。人によっては薬が合わない場合もあるので、症状の様子を見ながら、その人に合った薬で治療が進められます。また、カウンセリングも行われているので、原因に含まれるストレスを解消していくことも期待できます。専門のカウンセラーとの会話のやり取りで、日頃の行動や考え方も客観的に判断できるようにもなれます。これでストレスへの対処の仕方や、安定的な心を目指していけるようになるのです。こういった治療に関わる医師やカウンセラーなどは、患者の心強い味方となってくれます。躁鬱病は特に、周りから理解されにくい症状でもあるので、1人でその負担を抱え込んでしまう人もいます。しかし、専門の病院はそういった人を受け入れるところとなるので、親身になって対応してくれる姿勢が安心できます。治療の段階で一時的に気分が明るくなったとしても、それは症状の一部にすぎないので完治するまで引き続き治療は続けられます。患者の激しい気分の変化にきちんと対応していくので、大きな安心感と信頼感を得られます。今まで症状に悩んでいた人やその家族も、この治療で辛い状況から少しづついい方向へ進むことができます。改善までの道のりは症状によって時間がかかる場合もありますが、味方となってくれる人がいるだけでも気分がだいぶん違います。本当の意味で心の平穏を取り戻すために、病院での治療に前向きに取りかかっていくようにしましょう。

うつ病とは違う問題

女性看護師

一般的には躁鬱病という病気は症状がわかりづらい病気であると言われています。また一見するとまったく普通の人と変わりないようにも感じるため、この点も症状がわかりずらいとされる理由のひとつです。しかし放置してしまうと深刻なトラブルや社会的損失を引き起こしてしまう事があるため、早めの対処が大切です。

View Detail

うつにも見える病気

医療

躁鬱を患っている人は一見すると普通の人に見えなくもありません。そのため特にハイの時には気が利く優しい穏やかな人という印象を受ける事も少なくないでしょう。改善には本人の自覚はもちろん、中長期的に深い信頼関係を持っている人のサポートも重要です。

View Detail

どのようなものなのか

相談

心のアップダウンが激しくなり、正常な状態で無くなってしまうのが躁鬱病です。躁鬱病になってしまうと、日頃の会話や金銭感覚など、人間のパーソナリティが大きく変わってしまいます。そのため、おかしいと感じたらすぐに医療機関へ出向き、診てもらいましょう。

View Detail