男女

躁鬱を治療する方法~ココロ病の救急医療隊~

どのようなものなのか

相談

精神療法が人気の理由

躁鬱病というのは、感情の部分で障害が起こる心の病気です。そのため治療は、心の専門家である精神科や心療内科で行われるのが一般的となっています。薬は精神安定剤や睡眠剤、抗うつ剤などを用いることが多いのですが、それに加えて精神療法を希望する人は大変多くいるのです。というのも躁鬱病を患っている人というのは、「自分が正常な状態ではない」ということを心の奥底では認識していることが多いからなのです。「どこかおかしい」「何かがズレている」と感じてはいるものの、躁鬱病のために感情が正常に働かないために、焦りが生じて症状が悪化してしまうこともあります。こうした状態というのは、精神療法を受けることによって緩和することも少なくありません。患者自身もそれにより安心感を得られることも多く、何度か受けるうちに自ら精神療法を望むようになることも多々あるのです。特に躁病期と鬱病期の切り替わる時期には、効果を実感できることも多くなり、希望する人は急増する傾向にあります。また、躁鬱病患者の周囲の人にも、同様に精神療法は人気となっています。というのも精神療法を受けた後というのは、気持ちが落ちつくため接しやすくなることが少なくないからなのです。躁鬱病というのは接し方が非常に難しい病気ですので、多少なりとも接しやすくなるのは大きな魅力となっています。しかもこれを繰り返すうちに、躁鬱病そのものも回復に向かっているのを感じ取れるので、周囲の人達のストレス軽減にも繋がっています。

知っておきたい豆知識

躁鬱病 というのは、全く真逆の状態が交互に繰り返される病気です。躁病期のときは早朝から深夜まで、周囲の迷惑など関係なく活動的になります。こうしたことは話の内容や仕事、お金の使い方にも現れますので、周囲は非常に困惑することが多くなるのです。逆に鬱病期のときというのは、とにかく何につけても悲観的になってしまいます。会話や仕事をする気力が湧かないだけではなく、食べることにすら気力が出ないといったことも少なくありません。このように全く真逆の状態のため、どのように接したら良いのか周囲は非常に悩むことも多いのです。ですが躁鬱病というのは、実は常にどちらかの状態というわけではありません。周期が切り替わる波と波の間というのは、正常な状態に戻ります。そのため、何か大事なことを決定する場合や、何かしなければいけない場合などは、この間の時期を利用すると比較的スムーズに行うことができます。こうした躁鬱病というのは、原因はハッキリとは分かってはいません。しかし、発病しやすい素質というものは存在するとされています。その代表的なものとしては、明朗で社交的、話し好きで世話好きな性格と言われているのです。とはいっても、この性格だから発病するというわけではありません。生まれつきの素質や性格に加え、何かしらのキッカケが複雑に絡み合い発病すると考えられています。ただこうした性格の人は、通常よりもほんの少しではありますが、発病のリスクが高いということを知っておくと予防にも繋がります。